カテゴリ:窯( 37 )

二回目

2010二回目の窯です。
このところ天気が物凄くよかったのでなんとか入りました。
ただ納期の都合上ペースが速いため合い詰め用のストックがほぼ無くなってしまったので
在庫や新作などを考えなければというところです。

先月に比べると物凄く温かいので
午前四時ごろガス圧を調整しに外に出ても暖かかったです。
この調子で春が近づいてくると花粉がまってくるのでそれも困るのです。

[PR]

2010初窯

やっと窯が入りました
先週の天候不順により予定より二日遅れです。

よくよく更新日を見てみると土日休みになってますがもちろん仕事しています。

さて土曜日に知り合いさんから不意な電話を受け少し困りごと発生。
週明けの今日、先方に確認の電話をしたところ確定とのことで
しばらくの間情報収集に力をいれなければです。

[PR]

寒い冷たい

窯出しの日だというのに起きたら一面銀世界というか
ゆき振ってました。

窯出ししていても暖かいやら寒いやらでなんだか変な感じです。
まぁ真夏の暑さよりいいですけれども

もちろん渋の液も冷たいので織部もは一苦労です。
秘密兵器を昨日導入してみたのですがなにぶん液体の容量が100ℓこえてるので
思うように効果が今のところでなかったり・・・

窯出しのあとが冬は辛いです。

[PR]

今年の窯終わり

たぶん今年ラストの窯が終わりました。
今日みたいな冬型の気圧配置で風も無く晴れて底冷えのしてる日は
温度の上昇が良いです。
逆に夏場の蒸し暑いときは逆が多いです。

また、冬場はガスの出が悪くなるので予想しない時間にブザーがなります。

週末は暑い窯出しと凍える渋入れの作業が待ってます。

[PR]

殿様

”大名焼き”
といっても食べ物の事ではありません。
窯がいっぱいにならずスカスカな状態で焼成することをそう言ったりします。

少ない状態で焼く→燃料代や窯を焼く労力がもったいない→お金持ちの焼き方
こんなところからきてるのでしょうか?

窯の詰め方でガス窯といえど火の回り方などが変わってきて
温度上昇がかなり違ってきます。
窯の中の温度と雰囲気分布を考慮しつつなるべく効率のいい焼き方を考えると
とても時間がかかります。

肥後の殿様はやはり大名焼してるんでしょうか?

[PR]

焼成中

ただいま焼成中です。
温度が1100を越えたところすんなりいけば日付が変わる前後に終わりそうです。
というか終わってくれないとトラブル発生ということに。

昨日は昼から窯入れをしだして火を入れたのが20時
途中で来客があったりとしましたがゆっくりと作業をしていたので
いつものように慌ただしいという感じは無かったです。

[PR]

焼成中

現在焼成中です。
昨日は午前中は残った数点を仕上げして午後から窯詰め。
毎度のように予定とは違う詰め方をして20時前には火をつけれました。
順調に行けば日付が変わるごろには終わる予定です。

今日は工房を少し掃除したり、天気も良かったのと使いかけの土も少しあったので
タタラで鉢なんかを作ってたりしました。

最近、自分がどのようにつくっていくかを少し思案中。
いろいろな方向があるとも思うのですが、どちらに振れっぱなしではなく
やじろべぇの様に揺ら揺らとバランスをとっていけたら一番いいのです。

最近は片方に振れてしまっているのことが多いのでそれはそれで問題。

[PR]

とりあえず

忙しくて写真を撮る時間が無いのですが
とりあえず窯のほうはいつもどおりに焼けていました。

スペースの問題で黄瀬戸の一部の品が窯の上部に入ってしまたので
少し焼けすぎてしまったりしていましたが
殆どの品が許容範囲内に入っていました。
とりあえず急ぎ干支などを渋に入れたり、
納品の準備をしたりと年末特有の気忙しい一日でした。

ここ何日の日記、改めて読み返してみると
日本語がかなりオカシイです。
来年はもう少し正しく日本語が使えるようになりたいものです。

[PR]

季節はずれの風

結局、日曜日に中窯を焼いて今年は終わりということになりそうです。
まぁ開けてみるまで心配でしょうがないですけど

日曜日は窯の終盤の夕方から夜にかけて天候が崩れ風が吹いてきていました
中と小窯の煙突の先は風防が無いために強い風が吹くと
煙突が塞がれるような感じになってしまうため
バーナーのエアーやガス圧などかなり気を使います。

なんとか上手く焼けてるといいのですが・・・・

[PR]

上手く回らない

どうも上手く物事が回っていきません

少し前に頼んであった釉薬原料、未だに配達されてこないので問い合わせてみると
「あっ、どちらさんでしたっけ?」
 「○○○ですが、月曜にお願いしたんですが・・・」
「あぁぁ間違えて昨日○○さんに届けてしまいました。月曜日しか届けれないです。」

新しく釉薬を調合して色見を入れなければならないのでこの時点で窯が一日ずれる

L字型支柱を買いに行くも
「今、わかる人が全員出払ってます、夕方しか戻りません。」
夕方電話を待っていると
「その長さだと火曜日の昼過ぎにしか・・・・・。」

まぁこれは自分が頼むのが遅かったので仕方ないです。
窯入れが火曜日に決定
天気も下り坂なので焦らずにいきます。

[PR]

,